現金即払いで​最短30分の訪問実績↑


満足価格!着物買取【バイセル】

誰にも気を使わずに着物を処分したい

着物をもらう時のよくあるパターンとして、生前整理や遺品整理で母やおばあちゃんの着物が出てきた場合、年代ものが多く値段としては高く売れそうだけれども自分の好みやデザインとは合わないので着ない。

 

昔は婚礼3点セットと言って、洋ダンス、和ダンス、ドレッサーを嫁入り道具に持っていかせてくれていました。結婚以外でも、七五三や成人式で仕立ててくれたいい着物をずっと和タンスに入れたまま保管している。

 

相続までは言わないが、母やばあちゃんの着物を譲り受ける場合と自分のために買ってもらった着物を処分したいという二つのパターンが多いのではないかと思います。


どちらの場合でも、形見や思い出があるのでなかなかゴミに捨てたりするのは申し訳ないです。


欲しい人がいて、大切に使ってくれれば一番いいですがサイズやデザインの好みというものもあるので、なかなかうまく巡り合うことも少ないです。
 

家のスペースに置いておいてもなかなか場所を取ります。
ちゃんと手入れをして保管をしておかないと、友人や親戚の結婚式で着よう!と思って出してみると虫食いやシミができてしまっていたなんてことに、もう着ることはないですよね。

 

なので、着物を大切に使ってくれる人に届くように、最近は着物買取業者に売る人が増えています。

 

今、日本の着物は注目されていて、海外で日本文化に興味がある人や、京都などの観光地でレンタルの着物を楽しむ人なども増えているので中古の着物は前に比べると高く売れやすいです。

洋服の感覚で古い着物だと価値が無いと考えている人もいますが、江戸・明治・大正・昭和初期の作品は、文化財としての希少価値も高く評価されてきています。

 

ただ近所のリサイクルショップだと観光地や海外に販路はないですし、着物に関しては素人の店員さんが査定をしてしまった場合、かなり安く二束三文で買い取られ、安く売られるということもあります。


本当に価値があるものでも、安く買うとあまり価値がないと思って大切に扱わなかったりするので、しっかりと価値を見極められるプロの方に査定してもらい、必要としている人が買った方がその着物も大切にされます。


着物を処分したいけど、母(義理)やおばあちゃんなどその着物を買う時にお金を出して買ってくれた人たちに申し訳ないという気持ちを持つ人が多いですが、そのまま虫に食われシミができてしまうんであれば必要としている人に届けるという意味で『売りたい』のを伝えて査定をしてみるのもいいのではないでしょうか。

 

その売れたお金で孫に何かを買ってあげたり、一緒に旅行に行ったりした方がお互いに喜べるのではないかなと思います。

 

着物を売るなら訪問買取

売る方法としては、着物の買取価格はご自身でも値段が分からないと思うので、着物の宅配買取に送ってしまったら思ったより値段がつかなくて返送料がかかってしまうなんてこともあります。

貰ったものなら二束三文で安く売るぐらいなら寄付したとかの方が言いやすいですよね。^^

 

おすすめは宅配買取よりも実際に家に査定員が来てくれる訪問買取です。
訪問買取の方がとりあえず値段を聞いてみたり、まとめて置いている書類の中でごちゃ混ぜになったその着物の証書を見つけてくれたりといったことも期待できます。


ダンボール数個ほどにもなるような大量の着物だった場合、梱包して送るだけでも手間ですし、それなりに高く買ってもらえる着物だけを選んで買い取りをしてもらい、残りの着物はリメイクをしたり求めている所に寄付するなどといった選択肢もありだと思います。

サクッと申し込みたい人は坂上忍さんのCMでおなじみバイセルがおすすめです。
理由は、査定員に来てもらっているからと断りにくくなっても7日以内ならクーリングオフの返品にもしっかり対応してくれて、女性の査定員を希望できます(※女性限定)



 

 

着物の買い取り業者についてはこちらのページで詳しく紹介しています着物 買取

 

【追伸】

最近は地震が多いので、倒れて危険なタンスを減らすために着物も処分する人が増えているんだそうです。

© 2019 着物 処分 rss